So-net無料ブログ作成
テレビ視聴率 史上最低 テレビ離れ ブログトップ

テレビ視聴率 史上最低 テレビ離れ [テレビ視聴率 史上最低 テレビ離れ]

10月3~9日のテレビ視聴率が史上最低となった。テレビ離れが止まらない。


10月3~9日の視聴率トップは、日本テレビ系『笑点』で18.1%。

これは週間1位としては史上最低の数字だ。


その1週間前には、まえなら低視聴率に入る12%台の番組がトップ30以内に入るといった

現象がおきているといった具合である。

フジ系列の産経新聞は、「12%台」でもトップ30入りしてしまった事実は、

ついにその日がきた、という感じだ。前代未聞の事態だ。(中略)ことここに至っては、

よほどフンドシを締めてかからないと「回復」どころか歯止め」すらおぼつかなくなるのではないか、

と危惧する。とコメントしている。


テレビ関係者は、「録画視聴が多くなったから」「若い世代は携帯やワンセグで見ている」

実際の視聴率はもっと高いはずと言い訳をするが、

NTTコミュニケーションズが2010年3月に発表したテレビ視聴の実態に関する

 アンケート調査では、録画して時間のあるときに見る層も17.3%に過ぎず、

携帯やワンセグで見る層にいたってはわずか0.5%しかいなかったことが明らかになっている。

また、8月に総務省が発表した「情報通信白書」には、

世代別の「テレビを見る」時間を過去と比較したデータがあるが、

10代では、2005年に1日平均106分だった視聴時間が、2010年には70分と、

5年で3割以上も減少し、20代では、2005年に104分だったのが2010年には76分に激減している。

また、20代以下で「ほとんどテレビを見ない」層が14.7%もいるという

驚愕のデータが明らかになっている。

a0001_014259.jpg


この流れはこれからも加速するだろう、現代人はインターネットという新たな情報手段をもち、

SNSで、よりリアルタイムな情報を共有できるようになっている。

もう、視聴率という言葉が死語になる日も近いかもわからない。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
テレビ視聴率 史上最低 テレビ離れ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。