So-net無料ブログ作成
トランス脂肪酸 マックフライポテト ブログトップ

トランス脂肪酸 マックフライポテト [トランス脂肪酸 マックフライポテト]

取りすぎると心疾患のリスクが高くなるといわれるトランス脂肪酸の健康影響評価を、

内閣府・食品安全委員会がまとめました。



トランス脂肪酸 が多い食品にマクドナルドのマックフライポテトがあります。

揚げたフライを、時間がたっても柔らかくならず、べたつかなくさせる為に、

マックフライポテトの油は、牛脂となたね油からできた植物油脂(ショートニングなど)

を使っています。

ショートニングは、トランス脂肪酸を多く含み、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)

を増加させ、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を減少させ、

心臓病発症のリスクが増大すると指摘されている。

マクドナルドは、転換の予定もないようです。

政府が調査を始めたので、調査結果を見て対策を取るとのこと。

脂肪の取り過ぎに注意しましょう。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
トランス脂肪酸 マックフライポテト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。